パソコンで作成した文書やポスターは、多くのケースで最終的に印刷機を使用して紙に印字されます。このとき、印字する際に必要となるのが「インク」と「トナー」です。インクは家庭用のインクジェットプリンターで、トナーは業務用のレーザープリンターで使用されるものと広く認識されていますが、普段インクジェット式とレーザー式の両方の印刷機を利用している人であれば、インクジェット式の印刷機をつかって刷られたものと、レーザー式の印刷機で刷られたものでは、出来についても大きな違いがあることに気がつくはずです。それもそのはずで、インクを用いた印刷とトナーを用いた印刷は仕組みも特徴も全く異なっています。では、インクとトナーの間には具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

インクでの印刷は液体を噴射してトナーでの印刷は熱と圧力を使う

インクやトナーは、カートリッジと呼ばれるものに封入され、印刷する際はこれを印刷機に装着してから実行します。インクカートリッジの中には液体の顔料および染料が入っており、印刷時には適量の液体を紙に吹き付けて、紙面の中心部まで染み込ませていますが、トナーカートリッジの中には表面に着色料やワックス、電荷制御剤などが付着した樹脂粉末が多量に封入されており、印刷時には印刷機内の感光体ドラムと呼ばれる部分の表面に静電気の力を使って像をつくってトナーを付着させ、紙に転写した後に熱と圧力を与えて表面に定着させています。レーザープリンターをつかって文書などを印刷したときに、出来上がりの直後の紙が温かいと感じるのはそのためで、短時間に大量に印刷をすると熱が高温になり、内部の故障の原因となることがあります。

インクとトナーでは適する用途や適する用紙も異なる

インクとトナーを比較すると、インクは写真などの高品質であることが求められるものの印刷に適しており、トナーは多数に配布する文書の印刷や図面の印刷に適しているといえます。また、印刷のスピードについては、品質面を考慮しなければインクでもそれなりにはやく印刷できますが、それでもトナーの印刷スピードには及びません。紙の種類によってもインクとトナーでは良し悪しが分かれます。例えば、普通紙の場合はトナーを用いたほうが印刷品質が良いといわれています。インクを用いて印刷されたものは、彩度や濃度が低くなり、色合いを忠実に再現できていないことが多いです。一方でトナーを用いている印刷機では、光沢紙やコーティング紙については部品を交換しないと十分な品質の印刷物をつくることができませんが、インクが用いられている印刷機であれば、高品質に仕上げることができます。

リサイクルトナーの注文はこちらのサイトがおすすめで、料金も安く購入することができるので節約になります。 3千円以上のお買い上げで送料無料。他送料は一部離島等を除いて一律500円となっております。 これからの時代は何でもリサイクル商品ですが、リサイクルトナーやインクなら是非豊富な品数に実績を誇るこちらをご利用下さい。 トナーのことなら専門のインクスポットにおまかせ!