インクとトナーは印刷に使用する塗料として一般的に利用されているものです。家庭用のプリンターはもちろん、業務用のプリンターでも採用されている消耗品であり、それぞれの特徴を活用した製品が多数生み出されています。プリンターを新規で導入する場合にはそれぞれの特徴をよく理解して購入するのが良いでしょう。このうちインクは家庭用に多く売り出されているという特徴があります。プリンター本体を安い価格で提供することが出来る点に加え、写真印刷などが質にこだわるきれいな印刷を可能にする仕組みが人気を集めています。一方トナーは粉状の塗料を熱で圧着して利用されるものです。インクに比べて高速印刷が可能であるのに加え、水分を含まないために印刷する用紙の変質を防ぐことが出来るという点で大きな魅力があります。

本体価格が安く利用しやすいインクの魅力

主に家庭用プリンターに多く存在しているのがインク式のプリンターです。複数の色を組み合わせることにより様々な自然な色合いを生み出すことが出来る高品質なものであるため、昔から高い需要があります。メリットとしてはきれいな印刷が可能であるという点が挙げられます。家庭用プリンターの実力は写真のプリントを見ることで確認が可能です。細やかな表現においてはインクは大きな実力を秘めています。しかしその一方で印刷速度が遅めになりますし、水分を含むインクを吹き付けることによって用紙の変質の可能性があるという問題に向き合わなくてはなりません。家庭用として使用するのであればほとんどの問題は許容範囲内となりますが、業務用としては主に印刷速度の面で望ましい選択肢であるとは言い切れない状況になってきています。

高速での大量印刷に向いているトナー式のプリンター

インクを利用するプリンターとは全く別の仕組みで動くのがレーザープリンターと呼ばれる存在です。消耗品である塗料も液体のインクではなく、乾いた粉であるトナーを使用するのが特徴です。トナーは大容量で販売されているのが一般的であり、その様なプリンターを必要とする場合には非常にお世話になることになります。デメリットがあるとすれば、それは設備関係の値段に関連する部分であると言えます。プリンター本体もインク式のプリンターよりも高額になるのが一般的ですし、消耗品であるトナーも決して安いものではありません。しかしながら印刷の素早さや品質については、トナー式の方に非常に高い魅力があるのです。トナー式はインクに比べて高価であるという特徴もありますが、その分特殊な知識や経験を必要としない仕組みで運用することが出来ます。その点が大きな魅力なのです。