コピーやプリンターなど印刷をする機械に必要な物といえば、インクだということはお分かりですね。顔料インクで紙に字や絵を描いているわけです。習字や絵画などで墨や絵の具を使うのと一緒ですね。ですからインクはイメージしやすいかと思います。ところで、コピー機やプリンター機の場合、インクに代わって、トナーというものが出て来る場合があります。このトナーというものも顔料です。一般にイメージするインクの呼び方違いに思われるかもしれません。大きく捉える場合はそうですが、細かく見るとインクとは違うことが分かってきます。それではインクとトナーは何が違っているのでしょうか。そして、どう使い分けをすればよいのでしょうか。以下にそれぞれの特色を見て行きましょう。

インクは少量利用、家庭用や小規模事務所向き

インクの特徴は、液体またはジェル状だということです。この水分を含んだインクを紙などの媒体に吹き付けることでコピー、プリントを行います。インクを用いる事の最大の特徴は、印刷するのに媒体に熱をかけないということです。このため、紙以外の、例えばCDなどにも印刷することが出来ます。そして、熱定着用の機構が不要なので、機械としてシンプルな作りに出来るということが挙げられます。ですから、小さく作ることが出来ますので、家庭用のプリンターはほとんどがインクを使うタイプです。次にインクのデメリットですが、乾燥に弱いという点が挙げられます。液体のものですので、使う頻度が低いと、インクが固まってしまう事があります。暫く使っていないとノズルが詰まってしまい、色が載らないという問題が発生します。家庭用プリンターにノズルの清掃機能が付いているのはそのためです。

トナーは大量利用なので、事業所向き

トナーとは、微細なプラスチック粒子に顔料を付けた粉です。非常に小さい粉ですので、一粒ずつは目では見えません。この粉を吹きつけて印刷するのですが、粉をかけただけでは紙には定着しませんので、定着器という部品で熱をかけて粉を紙にくっつけます。印刷したての紙を触るとあったかいのが分かります。トナーを使う最大の利点は、粉を一気に紙にかけることが出来るため、高速印刷が可能になるという事です。また、インクと違い、固まることがありませんので、大容量のボトルでの供給が可能になります。これらの特性を生かしたトナーを利用した機器は主にオフィス向けに開発されています。トナーを一度買えば数千枚単位の印刷が可能ですので、インクよりも印刷単価が下がることも大きな魅力です。