インクとトナー、何が違うのでしょうか?どちらも印刷に使う消耗品、ぐらいのイメージしかありませんが、実は明確に違いがあります。まず、インクとは「インクジェットプリンター」で使用する、色のついた液体です。インクを直接用紙に吹き付けることで印刷を行ないます。吹き付けの方法に製造メーカーによる違いがありますが、インクに熱や圧力を加えて「微粒子」に変えることで吹き付けを実現しています。次に、トナーですが、「レーザープリンター」で使用する色のついた粉です。感光体と呼ばれる転写に使用する筒に、レーザーを使って印刷イメージを描き、トナーを使って印刷を行います。価格はどちらとも純正品は高く、汎用品は若干安くなっています。汎用品を使用する場合は、メーカーの保証を受けられないなどのデメリットもありますので、よく考えて使用してください。

インクジェットプリンターに適している使用環境

インクジェットプリンタは、まず本体価格が安いことが挙げられます。家電量販店では、年賀状シーズン前後や、製造メーカーの新製品発表前後などには、大量にインクジェットプリンターの箱が積まれているのをよく目にします。光沢紙や写真専用用紙などを使用することで、色の再現性が高く、美しい印刷物を楽しむことができます。名刺やカードサイズの小さな用紙にも対応している場合もあり、さまざまな印刷に対応しています。デメリットとしては、印刷に時間がかかること、インクカートリッジ自体が小さいため、インク交換サイクルが短いことです。
以上より、インクジェットプリンター使用に向いているのは、以下のような場合といえます。
・使用頻度があまり多くない個人事業主、もしくは企業。
・趣味で写真印刷などを楽しみたい方。

レーザープリンターに適している使用環境

レーザープリンタは、普通紙に連続して印刷することに優れています。インクよりもトナーのほうが転写する分用紙への定着率が高く、印刷物の耐久性が良いことが特徴です。反対に、カラー印刷での色の再現性が低いので、写真などの精密な印刷物には向いていません。一般的にレーザープリンターは、本体価格が大きく、交換部品なども含め、高価になります。故障した場合のメンテナンス費用も高額になる場合もあります。その分、トナーの交換頻度は低いです。普通紙利用が多いため、用紙価格も光沢紙や写真背引用用紙などと比べて安価です。
以上より、レーザープリンター使用に向いているのは、以下のような場合といえます。
・大量に連続して印刷を行う個人事業主、もしくは企業。
・カラー印刷の使用頻度が少ない方。”