トナー選びで失敗しないポイントはそれぞれの特徴を見極めることと、何を重視して選ぶかにあります。安全性を選ぶなら純正のものを選ぶのが確実ですがコストが高いというデメリットがあります。非純正のものを使用していたことが原因でプリンターの故障が起きてしまった場合には保証が付かないこともあるため同じプリンターを長く使いたい場合には純正のものが良いでしょう。安さを重視するならリサイクル品などの非純正のものがおすすめです。メーカー純正品のリサイクルの場合には品質も安定しているので非常に使いやすいトナーとなっています。汎用品は価格が安いだけではなく様々なプリンターに対応しているのでプリンターを数種類持ち合わせている人におすすめです。こちらも比較的品質が安定しているトナーとなっています。

トナーは数種類あり、それぞれ特徴があります

トナーにはまずプリンターメーカがだしている純正のタイプのものと様々なプリンターに対応するように特定のメーカー名を記載せずに販売している汎用トナー、プリンターメーカー以外が制作販売を行っている互換トナー、使用済みのトナーカートリッジを再利用するリサイクルトナー、カートリッジにトナーがなくなった時に自分でトナーを注入する詰替えタイプのものが販売されています。他のトナーと比べてしまうと値段が高いというデメリットはありますが、一番壊れにくいものを選びたい時にはプリンターメーカーが販売されている純正のものを利用するのが一番安心で簡単な方法となっています。輸入純正品といって国内で販売されている純正のものよりも価格が安いものも販売されているのでそちらを選ぶのもおすすめです。

コストで選ぶなら純正リサイクルや海外純正品がおすすめ

プリンターメーカーのサービスによっては必ず純正のものを利用するようにすすめられることも多いので、そういった場合には海外の純正輸入品やメーカー純正のリサイクル品を使用するとコストを安く抑えることができます。不具合が起きた場合には保証の対象外になってしまうこともあるのであらかじめ調べてから使用しましょう。非純正の品質も向上していますが純正品と比較してしまうと、印刷可能回数が少なかったり印刷の品質自体が悪くメンテナンス頻度が逆に増えてしまう可能性がまだまだあります。長期的なコスト削減を見込むなら総合的に判断してトナーを選ぶと良いでしょう。価格が安い非純正はデメリットを認めたうえで一時的に利用したい場合や新しいプリンターが来るまでの繋ぎとして利用するのがトナー選びを失敗しないコツです。